部屋についたペットの臭いを消す消臭剤の選び方のポイントとは?

ペットを室内で飼っていると、どうしても部屋が動物臭くなったり、おしっこの臭いがしたりします。

市販の消臭剤を使用している人もいるでしょうが、ペットを室内で飼うならペットの体調も考えて消臭剤の成分はきちんと把握しておいた方がいいですよ。

スポンサーリンク



犬や猫の嗅覚は人間の○○倍

ペットの臭いを消すために消臭剤や芳香剤を使用していると、人間は臭いが気にならなくなるでしょう。

しかし、猫の嗅覚は人間の数万倍~数十万倍犬の嗅覚は人間の100万倍と言われており、人間が感知できない臭いにもペットはとても敏感です。

獣臭や尿臭を消すためにそれよりも強い臭いで消したり、消臭剤で無臭にできていたとしてもペットからすると、香水を何十種類もぶちまけたような強烈な臭いが充満していることになります。

芳香剤でシトラスやミントの香りなどは人間からすると心地よい匂いですよね。

無臭ならストレスを抱えなくて済みます。

しかし、人間が心地よいと感じる匂いや何も感じない匂いでも、犬や猫にとっては身体に害をもたらすほどの臭いとなるのです。

ですので、ペットの臭いを消したいからといって、人間本位で部屋の臭いを操作してはペットに危険が迫る可能性が高いので注意が必要です。

消臭剤選びのポイント

消臭剤を選ぶときは、必ずペット専用の消臭剤を使用しましょう。

市販で売られている消臭剤には、強めの化学物質が使われているものが多く、塩素系消臭剤や界面活性剤、アンモニウム塩などの成分が含まれていることがあります。

最近ではペットがいる部屋でも使えるような消臭剤が出ておりますが、ペット専用ではないので必ずしもペットに安全とは言い切れません。

消臭スプレーをふりまいてある程度時間が経ち乾いた状態であれば床やソファを舐めても問題がないのかもしれませんが、スプレーを噴射した直後に舐めてしまえば、スプレー液を舐めていることになるので、ペットに害をもたらす可能性は高くなりますよね。

ですので、一番の消臭剤選びのポイントは目や口に入っても大丈夫な点です。

ペットが舐めても大丈夫な天然素材を用いた消臭剤を選択することがベストだと思います。

目の周りを綺麗にするときもスプレーやシートタイプの消臭剤を使用すると思いますが、その際に目に入る可能性が高いので、目に入っても問題がない消臭剤を選びましょう。

ただ、ペット自体の臭いを取りたい場合は、スプレーで直接吹きかけるのではなく、シートにスプレーを吹きかけ、そのシートでペットを拭いてあげましょう。

直接ふりかけた方が効果は高いかもしれませんが、いつどんな身体の異変が現れるかわかりませんので、高いリスクを犯してまでペットの臭いを取り除くことはしないでいいと思います。

室内で飼うと決めた時点である程度部屋の臭い問題は想定できたでしょうから、責任を持ってペットの体調管理優先で消臭活動に取り組むべきです。

オススメ消臭剤

消臭剤はペット専用を買う必要があるのですが、オススメの消臭剤を紹介します。

・カンファペット

カンファペット

株式会社ワンダードリームが販売しているカンファペットは、アサヒビール、日本赤十字社など500社以上で導入されている消臭技術を用いており、強力な消臭・除菌効果が期待できる消臭剤です。

消臭効果が協力でもペットの目や口に入っても安全であることが保証されており、ペットのウィルス対策だけでなく、室内のインフルエンザ対策にも使えるのです。

キッコーマンや味の素など食品工場、臭気の強いゴミ処理場でも使われているほど安全性と消臭効果が認められているので、ペットにも無害で人間にとっても嬉しい効果が期待できます。

カンファペットのホームページはこちら

・ハイパーCペット



エモーションウエーブ株式会社が販売しているハイパーCペットは、人前や食品の前で噴射しても問題なく、ペットにも人にも優しい消臭水です。

臭いの元から分解して消臭するので、一度吹きかけるとその後は臭いが残らず、除菌効果も高いのですっきりとした空間を感じることができます。

お漏らしやトイレ、マーキングまもちろん、ベッドやサークルに吹きかけるだけで徹底的に除菌・消臭することができるのです。

また、コストパフォーマンスが高く、量が多いのに値段もお安く買えるので、一度お試しで使ってみるのにちょうどいいですよ♪

ペットにも人にも優しい除菌消臭剤【ハイパーCペット】購入はこちら

ペットは家族の一員で、大切に接している方は多いと思います。

ですので、消臭もペットの体調のことを考えて行うようにしてあげてくださいね♪

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク