外見を褒めるときはタイミングが重要!チャンスをモノにして相手の心を引き寄せよう!

人を褒めると言っても、外見や人柄、価値観など褒めるところは様々です。

褒める内容はタイミングによって効果がかなり変わってきます。

今回は外見を褒めるときのポイントを紹介したいと思います!

スポンサーリンク



人を褒めるとどのような効果が?

皆さんは人から褒められるとどのような気持ちになりますか?

「その帽子可愛くて似合っていますね♪」と言われて、「え!?何でそんなこと言うんですか・・・」とはならないですよね(笑)

大抵の人は嬉しい気持ちになると思います。

まあ、褒められて嫌な気持ちになることはほとんどないでしょう♪

つまり、相手に気分を良くしてもらうために必要なことなのです。

気分が良くなると、心が広くなり、ちょっとしたことでは不快に感じなくなります。

また、褒められた相手に対して、自然と気持ちが向くようになるので、話を聞いてもらいやすくなるのです。

話をするきっかけが生まれることで初めて、これから仲良くなりたいと思っている人と、親しくなるための関係作りをスタートさせることができます。

特に親しくない人の場合、興味がない人であれば話さえ聞いてもらえないかもしれません。

話をすることができなければ、仲良くなることができなくなるので、仲良くなるためには、まずは話をすることができる段階まで持っていかなければならないのです。

ですので、人を褒めることで相手に自分の存在を認識させることができるのだと私は思います。

自分に興味を持ってもらうためには、自分に気を引かせる必要がありますからね。

外見を褒めるタイミング

褒めると言ってもタイミングを間違えると効果が薄れ、相手に響かない場合があります。

では外見を褒めるタイミングですが、必ず最初に顔を合わせたときにしましょう!

外見を褒めるタイミングはこのたった1回です。

つまり、待ち合わせで最初に合流したときを逃すと外見をいくら褒めても効果はほとんどありません。

合流してまずは挨拶をすると思います。

そしてその挨拶の後に、外見について一言添えるだけにしておきましょう。

恋人や友人だけでなく、初対面の人にも効果はかなり高いです。

誰だって約束事の場合は、外見には気を使うはずですし、初対面ならなおさらです。

女性なら特にそうですよね。

化粧から髪型、服装、バック、小物とこだわりがたくさんあり、見られてもおかしくないように必死に考えるはずです。

頑張って考えたのに、合流して一発目に外見について触れられなければ、自分の選択に不安になると思います。

逆に、待ち合わせをして一番最初に外見について褒められたら、自信もつきますし、この格好にしてきてよかったと安心することができますよね。

そうすると、その後の時間は思いっきり楽しむことができるでしょうね。

思いっきり楽しむことができるということは、一緒にいて楽しいと思ってもらうことができるということです。

つまり、もうお分かりですね?(笑)

また一緒に時間を共有したいとなるわけです♪

一緒にいて心から楽しんでもらうためには、まずは一番最初に外見を褒め、不安を取り除き自分の選択に安心してもらう必要があります。

どのように褒めればいい?

外見を褒めることは重要なことなのですが、では一体どこを褒めればよいのでしょうか?

基本的に外見を褒めるときは、服装やバックといった相手が工夫できるものにしましょう。

つまり、相手が熟考し、選択をしなければならないものを褒めると効果が高いです。

先ほども申しましたが、デートや友人との約束では見た目をどうするかに神経を使います。

服やバックなど身につけている物が褒められるとそれを選択した自分が褒められたと感じるのです。

要は自分のセンスが良いと褒められたと思うわけですね。

そうなると、気分は上がりますよね♪

例えば、「いつものデニムのパンツも似合うけど、スカートも可愛いね♪」とか「普段のカジュアルな格好も良いけど、ジャケットだと大人っぽくていいね♪」といった具合に、普段とのギャップまで褒めてあげるとより良いです。

普段の服装などと照らし合わせて褒めると、普段からよく見ているよというさりげないアピールにもなりますからね♪

女性は男性に比べて人を褒めるのが上手なので、気づいたところを褒めてあげればいいと思います。

男性は女性から褒められれば、何でも嬉しいので(笑)

ただ、男性が女性を褒める場合はどこを褒めればいいか難しいと思うので、アクセサリーなどの小物系を褒めてあげるといいと思います。

アクセサリーはさりげないおしゃれとして、自分に自信のない女性も工夫をしやすいところだと思うので、褒められて嫌な人はまずいないと思いますよ!

褒めるのを避けた方がいいのは?

先ほども申しましたが、男性は何を褒められても嬉しい生き物なので、女性はとにかく気づいたことを褒めてあげるようにしてください。

女性が女性に対して褒める場合もそうです。

それで、外見を褒めることで気をつけなければならないのは男性が女性を褒める場合ですね。

外見の場合、顔や体型に関することは褒めるのは避けた方がいいでしょう。

つまり、相手がコンプレックスを抱いている可能性がある場所を褒めるのはかなりリスキーです。

仲良くなり、恋人もしくはそれに近い関係になったときは、相手がどこにコンプレックスを抱いているか分かっていると思うので、そこを避けて褒めればいいと思いますが、今回はこれから仲良くなろうとしている場合の話をしているので、どこがコンプレックスかわからない状態で、わざわざ自ら地雷を踏みに行くことは止めましょう。

また、スタイルに関しては絶対に触れないようにしましょう。

体型を褒めたところで、下心があると思われると相手から距離を取られるので、ある程度お互いに心を開いている状態でなければ、たとえ本音であったとしても逆に褒めない方がいいです。

それに、顔が可愛い人にいくら「可愛いね」と言ったところで、言われ慣れている人は、「あぁ、そうですか。ありがとうございます」といくら褒めたところでそこまで心に響きません

寧ろ、顔やスタイルを褒められ慣れている人は、逆にあえて褒めない方が気を引くことができますよ♪

一方で、可愛くても可愛いと言われ慣れていない人もいます。

そうした人も、いきなり顔から褒められると、「いやいや、そんなことないです!」と身構えてしまいます。

この手の女性は可愛いと言われることを嫌がっているわけではないのですが、そんなことはないと自分を下げてしまうので、余計奥手になってしまい、なかなか距離を縮めるのに苦労します。

ですので、ある程度相手が心を開いてもらうまでは、顔やスタイルについては褒めるのを控えるようにしましょう。

相手を褒めるというのは、コミュニケーションでとても重要なことです。

特に外見を褒めると、その度に心がプラスに動くので、いつまでも良好な関係を維持するためには必要です。

しかし、外見の褒めるタイミングを外すと、逆に関係が悪化する可能性もあるので、最初に顔を合わせるたった1回のチャンスを逃さないようにしましょう♪

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク