ストレス軽減には休養することが大事!自分が変わってストレスを感じにくくしよう!

どうしても仕事とプライベートの区別ができずに、プライベートまで職場でのストレスを持ち込んでしまいがちです。

人によって職場だけでなく様々なストレスがあると思いますが、そのストレスから開放されるためには一体どうしたらよいのでしょうか?

スポンサーリンク



ストレスを軽減させるためには?

充実したプライベートを過ごすためには、やはり休養が大事です。

休むことは仕事へのモチベーションを意地するためには必要なことはみなさんご存知だと思いますが、休めないからストレスで困っているんだと思います。

ではストレスを軽減させるために休むには一体どうしたらいいのでしょうか?

脳の休養

1日働くとその日に起こった出来事や記憶しなければならないことがたくさんあります。

ですので、1日が終わるころには、脳がクタクタになってしまいます。

脳が疲れている状態で、次の1日を迎えてしまうと、記憶の整理が追いついていないため、新たに物事を覚えようとすると脳内の情報が一杯になってしまい、なかなか記憶の定着が追いつかず、集中力を欠いてしまいます。

人の集中力は様々で、10分で集中が切れる人もいれば、1時間では集中が切れない人もいます。

集中力を欠いている状態では、働いている時間がすごく長く感じ、疲れやすくなってしまいます。

そうなると、仕事に対する意欲もなくなり、働くこと自体がストレスになってしまいます。

仕事への意欲低下を防止するためには、脳の休養つまり睡眠が重要になってきます。

ですので、仕事へのストレスを感じている方は、まずはきちんと十分な睡眠が取れているかを振り返ってみましょう。

ただ長時間睡眠を取ればいいというわけではなく、質の良い睡眠を取ることが大事です。

よく睡眠を誘発させるために、アルコールを摂取する人がいますが、アルコールを摂取するとすぐに睡眠を取ることができますが、すぐ覚醒してしまうため、上質な睡眠とは言えません。

ストレスでアルコールに手を出す人は、アルコールが質の良い睡眠を取ることを阻害するため、逆にストレスを感じやすくなっているのです。

ですので、アルコールを摂取しない日を設けることが重要です。

アルコールを摂取せずに睡眠を取ることで、なかなか寝付けず睡眠時間が短くても、アルコール摂取時よりは質が上がっていますので、脳はちゃんとリフレッシュされていますよ♪

身体の休養

身体が健康でなければ、気持ちも沈んでしまい、ストレスを感じやすくなってしまいます。

ですので、脳の休養だけでなく、身体のメンテナンスも気をつけなければなりません。

脳の休養は睡眠をとればいいのですが、身体の休養というのは、ただ寝ればいいというわけではありません。

確かに身体の休養には、身体の疲労を取るということが大事です。

これは、脳と同じく睡眠を取ることで身体の疲労を取り除くことができます。

しかし、身体の休養で大事なのは、身体を健康な状態で保つことが大事なのです。

つまり、睡眠を取ることで身体を休めるのは、身体の健康を保つための一つの方法なのです。

睡眠だけでなく他にも、食事や運動も身体を健康な状態にするためには必要です。

野菜だけや肉だけといった栄養の偏った食事ではなく、バランスの良い食事を心がけ、適度な運動を習慣化させることがストレス軽減に重要なのです。

特に、運動は大事でウォーキングやランニング、ゴルフといった適度に身体を動かすことで、自然と運動することに集中するようになります。

この集中している間は、仕事で嫌なことや辛いことがあったとしても、それが頭から離れ、余計なことを考えなくなるようになります。

そうすることで、ストレス下にあった状態から一時的に開放されるようになり、心に少し余裕が生まれます。

この一時的に心に余裕が生まれることで、ずっとマイナス思考に陥っていた状態がリセットされます。

リセットされることで、これまで余計に考えすぎていたことを冷静に考え直すことができるようになるので、再び同じストレス下に入ったとしても、以前よりはストレスに感じなくなるのです。

睡眠や食事も大事ですが、私は特に運動することをオススメいたします。

毎日ではなくてもいいので、せめて1週間に1回は身体を動かすように習慣づけておくと、その都度マイナス思考から脱却することができるので、身体の健康を維持しつつ、心の健康も維持することができるのです。

ストレスを軽減させるためには、ストレス下の状況からいかに脱却するかを考える必要があります。

きちんと睡眠を取ることで、情報が氾濫し、脳がパニックを起こしている状態から脱却させることができます。

適度に身体を動かすことで、心がマイナス思考の沼にはまっている状態から脱却させることができます。

ストレスの原因を改善することができなくても、ストレスを感じる側が変わることで、ストレスだと感じにくくすることができるのです。

何事も余裕を持たせることが大事なのでしょうね♪

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク