理想を追い求めていませんか?もしかしたら口だけ人間になっているかも?

あなたは理想をよく口ずさみますか?

もし、理想を追い求めていると、傍から見たら口だけ人間になっているかも?

スポンサーリンク



口だけ人間とは?

皆さんの周りにはいませんか?

よく物事に関して自分の意見を主張したり、理想論を振りかざしたりするけど、自分は全く関与しようとしない人が。

人の文句を言う割りには自分では何も解決しようとしない人って結構いますよね。

自分はこうなりたい、こうしたいという目標や理想を語るけど、その実現に向けて何一つ行動しない人が口だけの人です。

口だけの人は、よく理想を語ります。

ただその理想を実現するために必要な能力や経験を持ち合わせておらず、現実的に達成不可能なことを目標に据える傾向にあります。

つまり、自分のことを大きく見せようとするあまり、言っている内容のスケールが大きすぎて、何も説得力がないのです。

説得力がなければ周りの人の心を動かすことはできませんので、頼りにならないと思われてしまう可能性があります。

また、この手のタイプの人は、面倒な作業が苦手な傾向にあります。

人は小さな努力をコツコツと継続することで、夢を実現させようとします。

しかし、口だけの人はこの小さな努力を拒み、いきなり夢を実現させることを考えます。

つまり、大きな目標に目が行き、目の前の課題をこなそうとする意識が低いのです。

50mを全力で走って10秒かかる人が、タイムを縮めようとするなら、普通であればまず9秒台になるように努力を始めるはずです。

しかし、口だけの人はいきなり6秒台を目指すわけです。

実力がある人は50mを6秒台で走ることは可能でしょう。

ただ全力で走って10秒かかる人がいきなりタイムを6秒台に縮めることは現実的に不可能です。

口だけの人はこの現実的に不可能な目標を設定してしまうのです。

ですので、気持ちが折れモチベーションを保つことができずに、成長することを放棄してしまいます。

もし、周囲から頼られないことが多かったり、何事も長続きがしなかったりする人は、もしかすると口だけ人間になっているかもしれませんよ。

口だけ人間にならないためには?

口だけ人間になってしまうと、周囲からの対応が冷たくなる可能性があります。

そうなると、寂しい思いをしてしまうことになるので、それは避けたいですよね?

ですので、まずは口だけではなく、行動力を身につけることから始めましょう。

なぜ行動力がなく、口だけになってしまうのか。

それは、先ほど申し上げましたように、目標が高すぎるのです。

目標が高すぎるから何をしたらいいのか分からず、結果何もできずに目標を立てただけで終わってしまうのです。

それを解決するためには、実現可能な目標を細かく設定する癖をつけることです。

また期限を設け、期限の幅を短くしましょう。

立てた目標が理想になってしまうと口だけになるので、立てた目標が理想にならないようにすることが重要です。

例えば、「部屋の掃除を1週間でする」という目標を立てるのではなく、「今日の10時~11時の間に机の上を片付ける」「11時~12時の間で掃除機をかける」「明日1日で洋服の整理をする」といったように、具体的な目標を設定するようにしましょう。

具体的な目標を設定することで、何をすればいいのか明確になります。

無駄に考える必要がなく、目標達成のハードルも低いため、作業に取り掛かりやすいのです。

ただ「1週間で部屋の掃除をする」という目標では、何から取り掛かればいいのか、どこまで片付ければいいのかと具体的なゴールが見えないため、途中で気持ちが折れてしまうのです。

気持ちが折れると掃除も中途半端になってしまい、結果目標を達成することができずに口だけになってしまうのです。

目標を細かく設定する癖をつけることは、モチベーションを保つために必要なことです。

この小さな目標をコツコツと積み上げることで、大きな目標を達成することができるのです。

もし理想を掲げてしまう人は、物事を現実的に考えるように自分を抑える努力をしましょう。

小さな目標を設定し達成するという流れに慣れてくれば、きっと口だけ人間を卒業できているはずですよ♪

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク