謝れない人が増えている!?どうしたら謝れるようになるのか?

人付き合いが得意な人でも、なぜか人に謝ることができない人っていますよね?

自分でも悪いと思っていても、謝ることができなくて悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

スポンサーリンク



なぜ謝ることができないのか?

決して人に謝らない人っていますよね。

謝らない人は、自分が悪いことをしていると思っていない、つまり謝るという選択肢が頭にない人と、自分では悪いと思っており、本当は謝りたいけど謝ることができない人に分かれると思います。

前者に関しては、自分で悪いことをしている気がないので、そもそも謝ろうとする意思がありません。

寧ろ、何で自分が謝らなければならないの?と疑問に思うでしょう。

このパターンに関しては、自分が悪いことをしていると気づいてもらうしかありません。

この手のタイプは、自分が悪いことをしていると気づいたときは、素直に謝ることができる人が多いので、今回はスルーします(笑)

後者の謝る意思はあるけど、謝ることができない人に関しては、謝り方がわからないと言う人が多いと思います。

また、謝ることが恥ずかしいと思っている人も多いです。

小さい頃は素直に悪いことをしたら「ごめんなさい」と謝ることができたのに、大人になると変なプライドが邪魔をして、「謝る」=「自分が悪いことをした」→「自分が恥をかいた」と思うようになり、なかなか自分の非を言葉で認めることができないのです。

つまり、謝ることで自分が恥をかくことになるので、なかなか言葉で謝罪の意思を伝えることができないということです。

では、謝る意思はあるのに謝ることができない場合、どうしたら相手に謝罪の意思を伝えることができるのでしょうか?

相手に謝罪の気持ちを伝えるには?

謝る意思はあるのですから、謝ることで関係が改善されるのであれば絶対謝った方がいいです。

自分が悪い事をしたなと思っていても謝らなければ、相手はそれに対して嫌気が差して、関係が悪化する可能性があります。

関係が悪化した後に、「あのとき素直に謝っておけば・・・」と後悔することは明白です。

ですので、謝罪の気持ちは必ず相手に伝えるようにしましょう!

では、謝るにはどうしたらいいでしょうか?

少なくとも謝る意思はあるのですから、それを目に見える形にすることが重要です。

ここでのポイントは、自分が反省をしているということを相手に見せるということです。

つまり、言葉でなくてもいいわけです。

これまで、謝ることができなかった人がいきなり面と向かって「すみませんでした」と言葉で謝罪するにはハードルが高いでしょう。

ですので、言葉ではなく目に見える形で相手に伝えるようにしましょう。

つまり、文字で伝えるということですね♪

文字で伝える方法は、手紙やメール、LINEなどいくらでもあります。

文字にすることで、時間をかけて謝罪の言葉を考えることができ、直接話をするわけではないので、変なプライドに邪魔をされなくなります。

オススメは自分の手で丁寧に書いた手紙が一番効果的です。

メールやLINEでは、いくら気持ちを込めたとしても、薄っぺらく感じてしまい、せっかく時間をかけて文を考えても、気持ちは完全には伝わり辛いです。

一方、手紙であれば、気持ちを込めて文章を綴れば、高確率で相手の心に響きます。

なぜなら、今の世の中スマホが普及しているので、メールやLINEの方が言ってしまえば文を書くことが楽だからです。

メールやLINEで済ませることをあえて、労力が必要な手紙にすることで、それだけ謝罪の気持ちが強いということを伝えやすくなるのです。

また、慣れていない人が言葉で謝ろうとすると、相手に詰められたときに、言い訳をしてしまう可能性が高く、余計なことを口走って、逆に相手を傷つけてしまうこともあります。

ですので、不器用なりに手紙で謝罪の意思を伝えましょう!

必ずその後の展開は大きく変わってくるはずですよ♪

一番は直接頭を下げ言葉で謝罪の意思を伝えることです。

しかし、プライドが邪魔をして、謝ることができない人はまずは文で相手に伝えることから始めてみましょう!

そうすると、変なプライドが邪魔することなく謝罪できるようになれば、普段の会話でも自然と「ごめんね」と言えるようになるはずです♪

謝らないよりは、メールやLINEで謝った方がマシです。

メールやLINEでも展開が変わってくると思いますが、手紙の方が効果はかなり高いので、もし相手に迷惑をかけて深刻な状態のときは、手紙で謝罪すると、ちゃんと気持ちは伝わるはずですよ♪

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク