アドバイスの注意点!上から目線にならないようにタイミングを見極めよう!

相談を受けたり、困っている人を見たりするとどうしてもアドバイスをしたくなりますよね。

しかし、アドバイスの仕方によっては相手に不快な思いをさせてしまう可能性があるので、気をつけたほうがいいかもしれないですよ。

スポンサーリンク



アドバイスはタイミングが大事!

アドバイスをするのはとてもいいことなのですが、アドバイスをするタイミングによっては逆に相手を悩ませてしまうことになりかねません。

気をつけないといけないポイントは、アドバイスは相手が求めているときにしなければなりません。

相手から相談受けたときや誰が見ても困っているようなときに、経験から学んだことを元に、解決に導くようなことを伝えてあげるとアドバイスとして効果がかなり高いです。

しかし、特に相手がアドバイスを求めていないときに、「もっと~した方がいいよ」「~した方がいいんじゃない?」と自分の意見を押し付けるような発言をすると、逆に相手にとっては余計なお世話で、内容によっては嫌悪感を抱く人もいると思います。

相手がアドバイスを必要としていないときに、「自分ならこうする」といった自分の意見を言ったとしても、ただの口出しで効果的なアドバイスとは言えなくなるので、アドバイスをする際は相手が助けを求めているかどうかを見極める必要があります。

タイミングの見極め方

アドバイスをしようとする間柄ですので、少なくとも日ごろから交流のある人だとは思います。

全くの赤の他人で、相談を受け、アドバイスをするのは病院や専門分野に特化したコンサルタントくらいでしょうからね。

多少の交流があるということは、その人がどのような人なのかある程度把握することができるはずです。

ですので、普段から関わりのある人が一体どのような人なのかを観察しておく必要があります。

特に何も考えず接しているだけでは、気づかない部分は多いので、関わりの深い人であれば、発する言葉や何気ない行動について意識しておきましょう。

普段から意識して接していれば、自然とふとした小さな変化に敏感に反応するようになります。

いつもは笑顔でにこにこしている人が、ある日一日笑顔が無かったら何かあったんじゃないかと思いますよね?

あまり人と目を合わせない人であっても、普段より下を向いている回数が多ければ、何かちょっと引っかかりませんか?

完全に何かあったんだと断定することはできないにしても、「ん?何かわかんないけど、いつもと違う」と気づけるかが大事なのです。

もしかしたら本当に特に何もないのかもしれませんが、何か悩んでいる可能性があるという情報を得られるかがアドバイスをするタイミングを見極めるポイントなのです。

ですので、些細な変化に気づけるように、相手の性格やしぐさの癖、言動などには日ごろから意識して接するようにしましょう。

言っていることはいいことなのに相手に響かなければ意味がないですし、良かれと思って言ったことでも逆に迷惑をかけてしまうことがあります。

ですので、せっかくいいアドバイスをするのですから、タイミングを見極めるために、ちょっとした言動の違和感に気づけるように、人の観察力を鍛えるようにしましょう!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク