上から目線で言ってくる人にイライラしない方法とは?

社会に出るといろんな人と接する機会が多いと思います。

そうするとどこにでもいますよね、何でも自分の言っていることが正しいといわんばかりに上から目線で言ってくる人が・・・。

そうした人にイライラしないで済む方法はこちら!

スポンサーリンク



なぜ上から目線の人にイライラするのか?

上から目線で物事を言われるとイライラした経験はありますか?

まあ、ないという人の方が少ないでしょうね(笑)

私も何でもかんでも口出しをされて、イライラしたことが何回もあります。

その時にふとなぜイライラしてしまうのか考えたことがあります。

私はイラつく原因は、自分がやろうとしていることに対し、途中で横槍が入ることで、最後までスムーズに事が進まなくなるからだと思いました。

簡単に言うと、余計なお世話ってことですね。

別にアドバイスなんて求めてないし、助けなんて必要としていないのに、今の自分にとってどうでもいい無駄な情報を聞かされることにイラッとしてしまうんだと思います。

それに、アドバイスとしては正しいことを言っているのかもしれませんが、上から目線の助言は自分を否定されたかのように感じてしまうのです。

これが一番大きいと思いますが、人は他人から拒絶されることを嫌います。

上から目線ということは、「あなたみたいな仕事の段取りでは上手くいくはずないから、私みたいにちゃんとスケジュールを考えた方がいい!」のように、自分の全てを否定されるようなニュアンスになるはずです。

もし、自分の考えや行動に自信がなくなり、アドバイスが欲しくなったときには誰かしらに相談しますよね?

仲良い人や専門家のアドバイザーなどに相談した場合は、たとえ全否定され自分の考えがばっさり切られたとしても、ベストな答えだとしたら冷静に受け止められますよね。

しかし、別に助言を求めているわけではなく、自分の考えの元に何かを遂行しているときに、上から目線で全否定されるとそりゃあ感謝よりも怒りが勝ってしまいますね(笑)

ときには、困っている状態じゃなくても、的確なアドバイスでより自信に繋げたり、方向修正をしたりすることもあります。

そうした的確なアドバイスを受け入れるためには、アドバイスされた側が冷静でいる必要があります。

ですので、的確なアドバイスだとしても、いきなり全否定されると、「は?何でそんなことあなたに言われないといけないの?」となるわけです(笑)

助言する側も別に上から目線で言う必要の無いことですし、相手を怒らせたんじゃ逆効果で、その後の人間関係にも影響してきます。

何か問題をやらかして、怒らせてしまったなら話は別ですが、特に何も問題を起こしていない状態で、上から目線で言われても「は?何その偉そうな態度?」となってしまいますよね・・・。

上から目線で言われるとイラッとしてしまうのは仕方がないことなのです。

上から目線の人はどうしようもない

先ほど申したように相手にアドバイスをするときには上から目線で言う必要はありません。

ましてやその後の人間関係に影響が出てくるのでなおさらです。

では、相手を怒らせ人間関係が悪くなると分かっていて、上から目線で言ってくる人がいるでしょうか?

普通に考えていないですよね(笑)

確かに、嫌いな人に対して嫌味として上から目線で言ってくる人もいると思います。

しかし、そういう人は少数だと思います。

ではなぜ、上から目線で言う人は結構いるのでしょうか?

それは、本人が上から目線で言っているということに気づいていない人が多いからです。

つまり、意図的に上から目線で言っているのではなく、自然体で話をしているから上から目線になっているのです。

私の経験ではありますが、上から目線の人のほとんどが性格そのものが上から目線になっているのです。

ですので、上から目線で言ってきたからと言って、自分のことを下に見ているとは限らないのです。

要は、上から目線の人は関わる人全てに上から目線で接しているということですね。

仕事上立場というものがあるので、直属の上司に対しては、下手に出ているとは思いますが、プライベートになると自分が正義と言わんばかりに、周りを全否定している可能性があります。

ですので、上から目線の人にいくら注意しようが、上から目線の対応を変えさせることは難しいと私は思います。

相手の性格を変えることは現実的ではないからです。

イライラしない方法は?

上から目線で言われるとイラッとしてしまうのはしょうがないことだとしても、毎回上から目線の人と話をするたびにイライラするのは疲れますよね。

ですが、相手の上から目線を止めさせることが難しいとなると、一体どうしたらよろしいでしょうか?

もうお分かりですね?

そうです、自分が変わるしかありません!

ではどう自分を変えればイライラせずに済むのでしょうか?

イライラしないためには、原因を取り除くしかありません。

イライラの原因は、相手から脈略もなく全否定をされることでしたね。

別に求めてもいないのに、自分の考えに対して勝手に答えを決められ、しかも否定される。

だから「何であんたにそんなこと言われないといけないんだよ!」になるんでしたね(笑)

つまり、イライラしないためには、自分が全否定されたと思わなければ良いわけです。

確かにいきなり上から目線で言われたことに対して瞬間的にイラッとするかもしれませんが、上から目線で言ってくることに相手に意味などないのだとしたらどうでしょう?

イライラしないコツは、怒りを別の感情に変えることなのです。

態度は気に食わないかもしれませんが、「また上から目線で言ってきたよ・・・。」と怒りよりも哀れに変えてしまうのです。

他にも「上から目線の性格できっとこれまでたくさん損をしてきたんだろうな・・・。」とか、「絶対にこんな人間にはならないでおこう!」といった感じで、怒りにしないことがポイントです。

別に否定したくて偉そうな態度をとっているわけではないので、上から目線で言われたとしても自分のことを全否定されたと思わないようにしましょう。

上から目線で言われることで、人によってはイラッとするのではなく、自分に自信を無くして落ち込んでしまう人もいます。

ですので、イラッとする人、落ち込んでしまう人どちらに関しても、相手の言っていることに意味はないと思うことが重要です。

逆に上から目線で言っている人は、「何でイライラしてるの?」「何で落ち込んでいるの?」とデリカシーの無いことを平気で言ってくるくらい鈍感野郎です。

そういう人に悩むくらいなら、完全に受け流した方がいいです。

上から目線で言われても「ああ、そうですか」「へえ、そうなんですね」と軽く受け流すくらい余裕を持てるようになると、「損な性格しているな」と相手を哀れに思えるようになりますよ♪

人間なので性格の合う合わないは当然ありますし、好き嫌いもあります。

私は、性格の合わない人、嫌いな人と仲良くする必要はないと思っています。

しかし、社会に出るとどうしても一緒に働きたくないと思う人が現れます。

そうしたときに、いかに自分の感情を別の感情に変えられるかが、上手く人付き合いをしていく上で大事になってきます。

別に無理に好きになれと言っているわけではありません。

自分の感情をプラスの方向にコントロールできるようになると、人付き合いで困ることは減ってくると思いますよ♪

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク